HOME » 肥料・液肥 » ニューソイルメーク 20kg

ニューソイルメーク 20kg

ニューソイルメーク 20kg

健苗育成、ビートの苗枯病対策には、ニューソイルメークの様な良質な有機物の施用はとても大切です。

特に有機質が不足しているような土を育苗土として使う時は、多めに入れることでより効果が期待出来ます。

容量 肥料成分(%) 肥料登録番号
20s N0.5-P0.5-K0.5 北海道第5680号

ニューソイルメーク施用効果

※下記試験は当社農事技術課にて実施(2003年11月実施)

(1)病害対策

苗枯病
  • 1.苗枯病の発生しやすい土壌に、ニューソイルメークを施用して育苗試験を行ったところ、定植前の苗調査では、ニューソイルメーク施用区は苗枯れや不良苗が少なく、苗歩留が良い結果となりました。(図1)
  • 2.また、病害が極端に発生した条件下でも、ニューソイルメークを施用した苗は、無施用の苗より発生が低くなりました。(図2)

図1.発芽率と苗歩留

図2.育苗中の立枯率の推移

(2)健苗育成効果

  • 同じ播種日、育苗条件での比較では、ニューソイルメーク施用区は非常に根張りの良い苗であるという結果になりました(写真)。
    ニューソイルメーク施用区は非常に根張りの良い苗

ニューソイルメークの特徴

1.他社堆肥に比べてC/N比が低い

C/N比は分解(腐熟)が進んだ堆肥ほど値が低くなります。ニューソイルメークは製造に3年以上かけた、品質の良い堆肥です。

  ニューソイルメーク バーク堆肥基準値
製造元 帯広有機  
規格 20L  
原材料 牛糞、バーク  
窒素% 0.5(現物中) 1.2以上(乾物中)
りん酸 % 0.6(現物中) 0.5以上(乾物中)
加里 % 0.5(現物中) 0.3以上(乾物中)
C/N 20 35以下
水分含量 50%以下 60±5%
製造期間 3ヶ年以上  

2.水分含量が50%と低い。

一般的な堆肥は水分が60%程度ですが、水分が高いと、供給機や反転板などに土が付着しやすく、トラブルが起こりやすくなります。

<参考>

  • 1.有機物が不足している土壌でのニューソイルメーク用量試験より。
  • 2.ニューソイルメークの施用により苗生育向上の効果が顕著に見られている。
  • 3.ニューソイルメーク施用量は、10a当たり。

▲ページTOPへ